不動産投資で家賃収入

不動産投資の種類

  • HOME »
  • 不動産投資の種類

不動産投資の種類

不動産投資には、下記のような種類があります。それぞれの種類について解説していきます。

新築・中古のワンルームマンション

新築もしくは中古のワンルームマンションを購入して、入居を希望する方に貸すことで賃貸収入を得る方法です。物件の価格も安く、初めて不動産投資をする方でも始めやすいという特徴があります。

地方と比べ、東京などの首都圏では入居者の退去後も次の入居者が決まりやすく、流動的なため、もしも資金が必要になったとしても、売却しやすいというメリットもあります。

しかし、一戸あたりの賃貸収入から修繕積立金や管理費を支払わなければいけないため、あまり大きなリターンが期待できないことがデメリットとも言えます。

新築・中古のマンション、アパート一棟

新築または中古のアパートやマンションを一棟購入し、それぞれの部屋を入居希望者に貸すことで、賃貸収入を得る方法になります。一度にまとまった資金が必要になるため、金融機関から融資を受けて購入するケースが一般的です。

入居希望者に貸せる部屋の数が多いので、満室(またはそれに近い状態)を保つことができれば、大きな収入を期待することができます。しかしながら、空室が多くなってしまう場合、賃貸収入から借入金を返済できないなどの状態となり、返済が大変難しくなる可能性があります。

デメリットとしては、ワンルームマンションに比べて流動性が低いため、売却しようとしてもすぐに買い手がつくかわからない点が挙げられます。

新築・中古の戸建て経営

新築または中古の戸建て住宅を購入して、入居希望の方に貸して賃貸収入を得る方法になります。物件価格の高い新築の物件に比べ、中古は比較的に安価で購入できる物件もあります。

戸建て物件への入居を希望される方は、ファミリー層が多いので、長い目で見た長期入居が期待でき、安定して収入を得ることができる可能性があります。

しかしながら、戸建て物件には木造の住宅も多く、鉄筋コンクリート造のマンション等と比較して建物の老朽化が進みやすいと言えるので、修繕費等のコストがかかりやすいのがデメリットとなります。

また、流動性が低いため売却が難しく、空室を埋めるのが困難な上、期待できるほどの賃貸収入もないのが現状のようです。

駐車場やコインランドリー経営

不動産投資には、元から所有していた土地を活用したり、土地または建物を借りて、駐車場の他、コインランドリーなどの経営を行うやり方もあります。

駐車場やコインランドリー等の経営が成功するかどうかは、立地等にも左右されます。そして、駐車場は比較的安価な初期投資で済みますが、コインランドリーはフランチャイズ(FC)に加盟すると大きな初期投資が必要になります。

また、周囲の見込み客となる人たちに認知してもらうため、広告費用やリースする機械の費用、土地や建物を借りている場合は、その賃料等のランニングコストも必要なため、投資額の回収に時間がかかってしまったり、投資した金額が回収できない可能性があるなどのデメリットもあります。

REIT(リート)

REIT(リート)とは、投資者から集めた資金を使って不動産への投資を行い、その中から得られる賃貸料収入や不動産の売買益を原資として投資者に配当する商品であり、一般的には「不動産投資信託」という名で呼ばれています。投資者は、REITを通して間接的に色々な不動産のオーナーとなり、不動産のプロフェッショナルによる運用の成果を受け取ることができます。

REITには、通常の投資信託以外にも、株式のように証券取引所に上場しているETF(上場投資信託)もあり、国内だけじゃなく、海外の不動産を対象にしている銘柄もあります。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資どっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.