不動産投資で家賃収入

不動産投資のリスク

  • HOME »
  • 不動産投資のリスク

不動産投資におけるメリットやデメリットについては別ページに譲るとし、本項では不動産投資にはどのようなリスクが伴うのか見てまいります。

災害時のリスク

不動産投資をする上で避けて通れないのが、保有する物件が地震や火事等で被害を被る災害リスクです。

建物自体が老朽化していると、もしも地震が起きた時倒壊する危険性があり、また物件が木造の場合、火事による被害が拡大する可能性があります。

災害によるリスクを下げるためには、地震等の災害に強い物件を選んだり、災害時に適用される保険に加入する等の対策が必須と言えます。

空室のリスク

不動産投資をする上で、多くの人が頭を悩ませるのが空室のリスクです。投資用の物件を購入したとしても、入居する人がいないようであれば賃貸収入を得ることはできません。

中でも、金融機関からの融資を受けながら不動産投資を行っている方の場合、入居者がいなければ賃貸収入から借入金を返済できなくなるということになります。

大切なのは、事前に購入しようと思っている物件の状態をしっかりと確認したり、空室がなるべく発生しにくそうな地域を選ぶ等、空室のリスクを可能な限り下げることが重要です。

金利が変動するリスク

金融機関からの融資を受けながら不動産投資を行う場合、金利の変動するリスクも伴います。

固定金利の場合であるなら、返済する期間を通して金利は一定となりますが、変動金利の場合、金利の上昇により返済額が増加することとなり、負担が大きくなる可能性が増えます。

上記のことにより、金利が変動するリスクに備え、固定金利を選んだり、身の丈に合わない借入はしないよう気をつけるといった対策が必要となります。

流動性リスク

不動産投資を目的としてマンションやアパートを購入したとしても、売却したいと思っても買い手がつかないと売却できないため、流動性リスクがあると言えます。

ワンルームマンションの場合であれば、比較的流動性が高いと言えますが、アパート一棟やマンション、戸建て物件の場合、流動性は低く、物件の状態や地域によってはなかなか買い手がつかない場合があります。

大切なのは、物件を購入する際の流動性リスクを考え、売却しやすい不動産を選ぶことです。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資どっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.