不動産投資で家賃収入

不動産投資を始める準備

  • HOME »
  • 不動産投資を始める準備

実際にこれから不動産投資を始める場合、どのような準備が必要と言えるでしょう。ここでは、不動産投資を始めるにあたり、必要なことを述べていきます。

不動産投資の目的と目標を立てる

不動産投資を始めるにあたり、まず第一に目的と目標を立てておくことが大切です。

例えば、老後資金を確保するために取り組んでいくのか、不動産賃貸業で稼ぎながら生活していきたいのか、目的によって投資額や投資対象の物件は変わってきます。

また、毎月どれくらいの賃貸収入を得たいのかや、それをいつ頃までに達成したいのかも明確に決めておきましょう。

目的と目標を早い段階で明確にすれば、自分が今やるべきことも明確になるので、営業マンからもし不利益なことを言われたとしても、正しい判断ができるようになります。

不動産投資の初心者向けの本を読んで勉強する

不動産投資の知識が全く無い場合、不動産投資が初心者の方向けに書かれた本で勉強しましょう。ビギナー向けの本を数冊読んでいけば、不動産投資に関する基本的な知識を習得できるようになります。

ビギナー向けの不動産投資の本は、投資の対象物件によって色々な種類があるので、まずは自分が気になった本を数冊読んでみるのがオススメです。

手に取った本に書かれている内容が、もしかしたら自身のもとめていたものと違う場合もあるため、ジャンルの違う本を何冊か読み比べていくと自分に合った投資法が見つかる可能性が増えていきます。

投資本の中には、莫大な借金をしたことにより成功することができたと書かれている本も中にはありますが、無理に大きな借金を背負うのはリスクが大きいといえるため、内容を鵜呑みにしないよう注意してください。

また、本以外にもネットで調べてみることも良いですが、ネット上には本以上に実際にないことも書かれていたりするので、どれを信じてどれを疑うか、判断する能力が必要です。

不動産投資ビギナー向けのセミナーに参加する

不動産投資の知識を学ぶには、不動産投資家のビギナー用のセミナーに参加してみるのも良いでしょう。

不動産投資の専門家から、直接説明してもらえる機会も多いため、不動産投資の始め方からメリットやデメリットまで、ひと通り教えてもらうこともできます。

ただし、個別相談会に強引に参加させられて、その場で契約を迫られる可能性もないとはいえないため、運営会社の実績や過去のセミナーの参加者からの口コミ等を確認してから参加するようにした方が、無難な選択と言えます。

不動産投資に必要な投資金額を貯める

不動産投資を始めるには、まずはある程度まとまった資金が必要となります。

投資額が比較的に少額でできる中古ワンルームマンションでも、首都圏の場合、物件価格は一千万円を超えてくることもざらにあるため、融資を受ける時にも頭金や手数料が必要となります。

そのため、もしすぐに用意できる資金が無い場合、積立貯金や節約等にきちんと取り組んで、必要な投資金額を貯めてから始めるようにした方が良いと言えましょう。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資どっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.