不動産投資で家賃収入

投資を始める際の注意点

  • HOME »
  • 投資を始める際の注意点

これから不動産投資を始めようと思っている人は、失敗しないために、事前に注意すべきポイントを理解しておくことが大切と言えます。このページでは、不動産投資を始める際の注意点について見ていきます。

営業マンに惑わされるな

不動産投資を始めるためには、まず不動産会社を通じて物件を購入する必要があり、担当の営業マンの方とやり取りすることから始まります。

営業マンとの相性は非常に大切といえます。なぜなら営業マンの中には、なにかと理由をつけてすぐに契約をさせようする営業マンや、メリットばかり言ってリスクの説明をはぐらかす営業マンなど、問題のある対応をしてくる営業マンに当たってしまう可能性があるからです。

今すぐ不動産投資を始めたいと思って焦る気持ちも分かりますが、まずは悪い営業マンに惑わされないよう、本当に投資すべき物件なのかを慎重に吟味し、判断することが大切となります。

本当に顧客のことを考えてくれる営業マンであれば、無理に契約はさせようとせず、リスクがあることについてもちゃんとした説明をしてくれるはずです。

投資をするために不動産を選ぶ際は、まずは信用できる営業マンなのか見極めるところから始めましょう。

無理な借金はしない

不動産投資をする上での大前提として、無理な借金をしないことが大切といえます。(不動産投資に限ったことではありませんが。)

思わず前のめりになってしまいそうな、上手いキャッチコピーを使って不動産投資を勧誘してくるような会社や、甘い言葉で誘いかけてくるようなセミナーがありますが、多くの人は多くの借金をして物件を購入しています。

なんとかなると思って無理な借金をしてしまうと、空室が続き賃貸収入が途絶えてしまった場合、借入金の返済が困難となり、最悪の場合、自己破産してしまうことになる場合も、無いとはいいきれません。

不動産投資を始める時は、まず利益を得ることばかり考えるよりも、リスクの回避を重要視するようにして、無理な借金をしないように気をつけましょう。

保険に加入する

不動産投資をする上では、保険を上手に活用することでリスクを下げることができます。

金融機関からの融資を受ける際、団体信用生命保険に加入しておく事で、自分に万が一のことが起こっても、借入金の返済が免除されて、家族に投資用不動産を残すことができるようになります。

また、地震や火災等が起こってしまった際の災害リスクとして、地震保険、火災保険に加入しておけば損害をカバーすることもできます。(損失分全てをカバーできるわけではありません)

信頼できる相談相手を見つけておきましょう

不動産投資において、心から信頼できる相談相手をあらかじめ見つけておくことで、困り事があった場合でも相談できるので、安心することができます。

自分や知人の周りで不動産投資をして上手く経営できている投資家や、不動産会社を担当している営業マン、管理会社の社員でも良いので、まずは身の回りにいないか探してみましょう。

物件の管理会社が主催しているオーナーが集まる交流会等に参加するのも良い手と言えるでしょう。不動産投資について、信頼して話せる相手を早めに見つけておきましょう。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資どっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.