不動産投資で家賃収入

不動産投資のメリット

  • HOME »
  • 不動産投資のメリット

株式、投資信託等、投資には色々な方法がありますが、不動産投資にはどのようなメリットがあるのでしょうか。このページでは、不動産投資をする上でのメリットについて述べていきます。

安定した資産運用ができるから安心

不動産投資は、様々な投資の中でも、安定して資産を運用できることがメリットです。入居者がいる間は、毎月安定した賃貸収入を得ることができ、株式のように価格が変動することを気にしてソワソワする必要もありません。

また、管理会社との契約を結べば、賃貸契約をはじめ、家賃の集金や退去手続き、故障箇所の修繕、入居者の募集等、賃貸経営に関することのほとんどを委託することができます。

帳簿を作成し、確定申告をする必要はありますが、自分で作成するのが難しい場合は、税理士などに依頼すれば解決します。

他に本業があっても始めやすく、副業としても安定した収入を確保することができるので、所有する不動産を増やしていくことで、不動産投資を本業にすることも可能となるでしょう。

相続対策

不動産投資をすることは、相続対策にもなるという利点もあります。その理由は、不動産には相続税の計算における評価額が、現金や有価証券に比べ、減額されるからです。

相続税の金額を算出するための計算は、下記の通りです。

相続税額=(課税資産額-基礎控除額)×相続税率

相続税の課税資産には、現金や有価証券の他に、土地や建物等の不動産も含まれますが、現金、有価証券は時価で評価されますが、不動産の場合、固定資産台帳や路線価等を元に評価されます。

そのため、資産を現金や有価証券などで保有するよりも、不動産として保有している方が相続税評価額が減額されるため、相続税を節税できる場合が多いと言えるでしょう。

生命保険の代わりになる

生命保険の代わりになるということも、不動産投資のメリットと言えます。金融機関からの融資を受け、投資用にマンションまたはアパート等を購入する場合、団体信用生命保険に加入するのが普通です。

団体信用生命保険に加入しておくことで、名義人が亡くなった場合、あるいは高度の障害になった時などに借入金の返済が免除され、家族に投資用不動産を残せます。(団体信用生命保険に加入する際、年齢や健康状態等の条件があります。)

そして、家族はその投資用不動産から賃貸収入を得たり、もしくは売却することで、まとまった現金を得ることも可能なため、不動産投資は生命保険の代わりにもなると言えます。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資どっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.