不動産投資で家賃収入

不動産投資のデメリット

  • HOME »
  • 不動産投資のデメリット

どんな投資にも言えることですが、メリットだけではなくデメリットもあるのは、不動産投資においても例外ではありません。このページでは、不動産投資におけるデメリットについて詳しく考察していきます。

初期投資額が高い

個人の状況や金融機関にもよりますが、不動産投資は初期投資額が比較的高く、融資を受ける時にも最初に百万円前後の資金が必要になる場合が多いです。

同等の投資額でも、株式や投資信託などであれば少ない金額から始めることができますが、不動産投資の場合、まずはまとまった資金が無いと始められません。

そのため不動産投資は、その他の投資と比較すると、少額から始めることは難しい、というデメリットがあります。

維持・管理のコストがかかる

不動産投資をする場合、どうしても維持や管理にコストがかかってしまうこととなり、デメリットとなります。管理費や修繕積立金等、不動産投資をする場合には、常にコストとしてかかってしまいます。

また、不動産を保有している間、毎年固定資産税がかかることとなり、管理会社に支払う業務委託費も必要となります。融資を受けている場合は借入金の返済もすることとなります。

上記の通り、不動産投資をする際は、色々な維持管理にまつわるコストがかかってきます。

資産価値が下がっていく

新築や比較的新しいマンションやアパート等を不動産投資のために購入したとしても、時を経るごとに老朽化は免れぬことはできず、どうしても資産価値は下がっていきます。

株式や投資信託ならば、どれほど時間が経過したとしても老朽化することはなく、投資を行う対象の企業や資産が値上がりすれば、価値も飛躍的に上昇する可能性もあります。

しかし、残念ながら不動産は、一般的に築年数が古くなればなるほど資産価値は下がっていきます。そのため、売却しようとしても買い手が見つからなかったり、売却したとしてもかなり安い金額でしか売ることができずに、損失を生み出してしまう可能性もあります。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資どっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.