不動産投資で家賃収入

他の金融商品との比較

  • HOME »
  • 他の金融商品との比較

投資には様々な種類がありますが、不動産投資以外の、株式投資等の他の金融商品とは、一体どんな違いがあるのか。本項では、不動産投資と、それ以外の他の金融商品とについて、比較して解説していきます。

株式投資

株式投資とは、企業が発行を行う株式に投資し、配当金なり売却益なりの獲得を行う投資方法となります。株式は、証券取引所で売買されており、常に価格が変動するのが特徴となります。

不動産投資と比較すると、株式投資は少ない金額から投資できる銘柄が多いため、必然的に流動性が高くなり、手軽に売却することができるのがメリットとなります。

片や不動産の場合、入居者がいる限り毎月安定した賃貸収入が得られますが、株式投資の配当は年一から二回ほどあり、配当金は企業の利益に左右されることとなります。

なお、不動産は相対取引であるため、所有している不動産の価格を日々気にする必要はないですが、株式投資の場合、価格の変動リスクが伴い、大きな利益が期待できる分、損失することも大きくなる可能性もあると言えます。

投資信託

投資信託とは、投資家から集めた資金をまとめて、その資金を使って運用会社が株式や債券等に投資を行い、投資家に利益を分配することを目的とした金融商品になります。

株式の場合と同様に、少額から投資ができ、流動性が高いのが特徴と言えます。そして投資対象が分散されているものを選ぶことにより、リスクを下げることもできます。

また不動産は投資信託みたく流動性はけして高くないのですが、安定して賃貸収入を得ることができるのがメリットです。

投資信託の中には、賃貸収入のように毎月分配金を受け取ることができるものもありますが、元本を取り崩して分配している投資信託も存在することには、注意しておく必要があります。

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは、投資家と資金の借り手同士を結びつけるサービスで、投資家は最低1万円程度から投資することができます。事業者は、借り手からの返済金を元に、投資家に分配金を支払っていきます。

利回りが他の投資と比べて高いのが魅力となりますが、借り手や事業者の貸し倒れリスクや満期になるまで解約できないなどの制約、借り手の詳細な情報が分からない等のデメリットもあります。

不動産投資の場合は、投資額自体は大きくなりますが、入居者との直接契約となるため、取引相手が明確なのは良い面と言えます。また、家賃を滞納されてしまうリスクはあると言えますが、滞納保証がある管理会社を選べば、そういったリスクも回避することができます。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資どっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.