不動産投資で家賃収入

不動産投資とは

  • HOME »
  • 不動産投資とは

不動産投資について

比較的リスクの低い不動産投資なら、効率よく資産を形成し、運用できます。

不動産投資とは、利益を得ることを目的としてマンションやアパートなどの不動産に投資することです。

具体的に言うと、マンションやアパート等の物件を購入して入居希望者に貸して家賃収入を得たり、購入した物件の価値が購入時よりも上がったときに売却して、その差額で売却益(利益)を得ることをいいます。
不動産投資は、地方に比べ、将来性の見込める東京などの都市部に資金が集中する傾向にあります。また、売却益よりも家賃収入(運用利益)を目的として投資する、不動産投資が主流となっています。

不動産投資における投資対象は、アパートやマンションが一般的ではありますが、他にも戸建て物件や駐車場等、様々な種類があり、それぞれメリット・デメリットや特徴が異なります。

初心者でも不動産投資は始められる?

不動産投資をするためには、多くの資金や元手が必要だというパブリックイメージをお持ちの方が多いと思いますが、年収や職業、投資する対象物件によっても、金融機関からの融資額は変動するので、条件次第でまとまった資金を用意できなくても、不動産投資を始められる場合もあります。

FXや株式投資等の金融商品とは違い、比較的にリスクが低いうえ、長期的に安定した収入を得ることができ、節税効果も期待されるため、近頃は本業ではサラリーマンや公務員として働きつつ、不動産投資を始められる方も増えてきています。

このサイトでは、不動産投資を始めたい、不動産投資に興味がある方に向けて、不動産投資の種類から始め方まで、具体的にご紹介していきます。

PAGETOP
Copyright © 不動産投資どっとこむ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.